みやぎグリーンウォーカー

第19回 「お客様に感動される企業を目指して〜環境に優しいリサイクルとは〜」
株式会社サイコー

所在地 仙台市宮城野区岩切分台一丁目8-4
電話   022-255-3150
URL   http://kk-saikoh.co.jp/
取材日 平成26年7月17日

はじめに

株式会社サイコー 人事広報部人事広報課課長 小幡秀樹様、池端みなみ様  総合リサイクル企業 株式会社サイコーの人事広報部人事広報課課長の小幡秀樹様と入社2年目の池端みなみ様にお話を伺いました。
 サイコーの社名はもともと創業者で現会長の齋藤孝三氏にちなんで「齋孝」でしたが、親しみやすさや最高の会社を目指そうということもあり「サイコー」に改名しました。サイコーは6つの柱でリサイクル事業を行っています。「古紙・集団資源回収と卸売」、「産業廃棄物収集・運搬・処分」、「機密文書処理」、「一般廃棄物収集運搬・処分」、「古紙リサイクルポイントシステム」、「廃棄物管理コンサルティング」を行い、岩切本社を含め3箇所の事業所があります。サイコー本社岩切にある本社

サイコーが大切にしているもの

 お客様に感動していただけるために何ができるか、という考えを基に4つのものを大切にしています。

@地域
 お正月に行われる裸参りに参加し、心をひとつにして頑張ろうと地域を盛り上げています。また、各種環境イベントへの出展、中学生の職場体験や大学生のインターンシップの受け入れを行っています。地域へ恩返しをしようという思いからこのような活動をしています。

CDマニュアル
CDマニュアル
Aお客様
 まずは、来社したお客様への対応です。社員全員が手を止め起立して笑顔であいさつをします。また、ドリンクメニューを渡し、飲み物をお客様に選んでいただきます。電話には2回コールまでに出るなど、おもてなしに力を入れています。
 次に、回収時のお客様対応です。ドライバーはトラックの誘導や徐行運転をおこない近隣住民への安全に配慮しています。また、回収前には必ずお客様に挨拶をし、回収後には回収前よりその場所を綺麗に掃除して帰ります。
 最後にCD(顧客感動)委員会です。CD委員会とは、顧客満足を超える顧客感動(Customer Delight)を全社員で共有するために作られた組織です。CDマニュアルには経営理念、挨拶、身だしなみ、お客様対応などの行動規範や業務マニュアルなどを載せており、ISOの活動ともリンクさせています。
 お客様に感動していただいた事例を紹介してくださいました。ごみだしの際、ゴミ回収がはじまっていたが、サイコーの方が優しく笑顔で駆け寄って、ゴミをもっていってもらいとても嬉しかったと電話がありました。この様な電話を励みに地域を明るくしよう、当たり前のことを一生懸命やろうと誠実に笑顔で仕事に取り組んでいます。

サイコーグッドニュース応募箱
サイコーグッドニュース応募箱
B社員
 新入社員には最高の笑顔で入社してほしいという考えから、入社前に笑顔の練習をするという課題が与えられます。実際にお会いした方々は素晴らしい笑顔でした。その他、新入社員や中途社員にはCDマニュアルを活用して社長直伝の研修や外部講師によるディスカッション形式の講義があります。 研修の最後にはこういった人になりたい、そのためには具体的にどうすれば良いのか目標を決めて発表します。また、「お客様に喜んでいただいたこと」や「他の社員が頑張っていたこと」などの良い点を報告するサイコーグッドニュースの応募箱を社内に設け、月間「グッと来たで賞」と題し最も”グッと来た”行動をとった社員を表彰しています。良いことや嬉しいことを報告し、社員全員で共有しています。
                   
C家族
 社内イベント「お父さんお母さんの会社見学会」を定期的に開催しています。子ども達が親の仕事を知ることは、とてもいい経験になり、仕事に対する理解も深まります。また、同社の経営方針にも掲げている「幸せやゆとり、豊かさ」を家族と共有したいという想いから、「野幸作りプロジェクト」を立ち上げ、食べることの大切さ、自分で育てた野菜のおいしさを体験できるイベントも行っています。

環境に配慮したリサイクル事業

 サイコーではいくつかの回収ルートを作って資源物の回収をしています。ダンボールは資源物なので無料回収していますが、プラスチックは基本有料での回収になります。しかし、効率の良いルートを作ることができれば、回収燃料が安くなるため、有価物としてプラスチックを回収することが可能になります。効率の良いルートを作り回収燃料の削減だけでなくCO2排出制限にも貢献しています。
 また、「古紙リサイクルポイントシステム」の設置を行っています。雑誌や新聞をスーパーに持ってきてもらい、重量によりポイントがつきます。このポイントが各店舗の割引となるシステムです。みやぎ生協を中心としたスーパーに設置しています。
古紙リサイクルポイントシステム古紙リサイクルポイントシステム
古紙リサイクルポイントシステム

東日本大震災 3.11 を経験して

 幸い社員は全員助かりましたが、蒲生にある仙台港資源化センターは津波により大きな被害を受け、トラックが流されました。会社は社員の避難所の役割を果たし、会社で避難生活を送っていた社員から、今自分たちが出来る事を何かしたいとの意見が相次ぎ、3月23日から業務再開に向けた復興作業が始まりました。また、社長が仙台青年会議所の会長を務めていたため、仙台青年会議所に全国から集められた支援物資を南三陸や石巻へサイコーのトラックで運びました。
 社長が震災直後に「震災による解雇は絶対しない」といってくれたので安心して社員は活動ができたと小幡さんはおっしゃっていました。
 サイコーは仙台市に委託され、震災後3年間がれき処理を行い、井土処分場で重機等の管理をしていました。また、岐阜の同業者から岐阜の小学生による応援メッセージ入りの新車パッカー車が届きました。パッカー車には「しんらいする」が漢字の「絆」を表すロゴや「負けないで」、「みんなで乗り越えよう」
など小学生からのメッセ―ジが入っていました。メッセージ入りパッカー車メッセージ入りパッカー車
寄付されたメッセージ入りパッカー車

最後に

素敵なウェルカムボード素敵なウェルカムボード 私達が取材に伺った際、素敵なウェルカムボードや笑顔でのお出迎えをしてもらい、更に名前入りポケットティッシュを用意してくださいました。私は、企業を訪問したことがなかったのでこのような素晴らしい対応をしてもらいとても感動しました。取材を通して、サイコーの環境への熱い思いを感じました。環境を良くするためにまず地域を良くしようと活動を行い、地域に信頼される企業を目指しています。サイコーは社員、家族、地域、そしてお客様を大切にする、社名の通り最高な企業でした。


名前入りポケットティッシュ
名前入りポケットティッシュ

取材メンバー自己紹介
深谷 愛依

深谷 愛依 東北大学農学部応用生物化学科生物化学系2年
趣味:読書、旅
取材に対しての抱負:今回はリサイクル業者の取材でした。普段は廃棄物回収の車でしかみたことがありませんでしたが、環境問題に対して熱心に考えている方がいることに驚きました。この経験を通して、さらに取材を行って様々な人のお話を伺い、社会にはこんな人もいる、ということを自ら知り、記事をご覧になる方にも伝えていきたいです。


嶋村 奈津美

嶋村 奈津美 東北大学理学部物理学科3年
趣味:サイクリング、旅行
取材に対しての抱負:今回の取材では企業の環境に対する取組み、地域貢献活動、社員教育、震災時の経験談など直接社員の方に聞かなければ分からないことを知ることができました。直接企業の方にお話を聞ける機会は少ないので、取材でしか聞くことができない経験談などを伺い、多くのことを吸収したいと思います。また、記事をご覧になる方が分かり易いような記事も書いていきたいです。


バックナンバー
  1. 第1回 コクヨ東北販売株式会社
  2. 第2回 富士ゼロックス宮城株式会社
  3. 第3回 東北緑化環境保全株式会社
  4. 第4回 日本紙パルプ商事株式会社 東北支社
  5. 第5回 協業組合 仙台清掃公社
  6. 第6回 トヨタ自動車東北株式会社
  7. 第7回 「いつでも見学できる処理工場を」株式会社 安部工業
  8. 第8回 原油高と直接向き合う企業 東邦運輸倉庫株式会社
  9. 第9回 「てんぷら油で車を走らせる」 株式会社オイルプラントナトリ
  10. 第10回 「EMS導入で「心構え」が変わった」 河北新報印刷株式会社
  11. 第11回 「広がるリサイクル部品のネットワーク」 株式会社三森コーポレーション
  12. 第12回 「建設業として環境に取り組む」株式会社深松組
  13. 第13回 驚きの「ライブオフィス」リコー東北株式会社
  14. 第14回 再生資源の価値、分別のコスト 株式会社 佐彦
  15. 第15回 「宮城県民の安全安心、快適な暮らしのための検査機関」(財)宮城県公衆衛生協会
  16. 第16回 「メディアパワーを有効活用して、LED普及に努める」(株)仙台放送L・E・Dソリューションズ
  17. 第17回 「大学生に伝える〜次世代の環境マインドの育成へ向けて〜」大学生活協同組合東北事業連合
  18. 第18回 「日本を支える〜地域建設産業の使命〜」 一般社団法人宮城県建設業協会
  19. 第19回 「お客様に感動される企業を目指して〜環境に優しいリサイクルとは〜」 株式会社サイコー
  20. 第20回 「私達はエネルギー消費の削減が仕事です!」 株式会社エコライフサポート
  21. 第21回 「窒素酸化物(NOx)を低減するエマルジョン燃料」 株式会社エヌ・エフ・ジー
  22. 第22回 「エコな笹氣」の継続」 笹氣出版印刷株式会社
  23. 第23回 「地域の資源循環と環境保全に貢献する仕事」 株式会社 国本
  24. 第24回 「ホテル・ショッピングセンター・農業の取組」仙台ターミナルビル株式会社
  25. 第25回 「ホテル・ショッピングセンター・農業の取組」仙台ターミナルビル株式会社
  26. 第26回  ニーズを捉えろ! アイリスオーヤマのモノづくり   アイリスオーヤマ株式会社

前のページへ戻る>>


ページの先頭にもどる

Copyright (C) 2006 Miyagi Green Purchasing Network. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
リンクについて