日の丸合成樹脂工業株式会社

日の丸合成樹脂工業株式会社
山形県立総合園芸試験場
日の丸合成樹脂工業株式会社は昭和40年にプラスチック成形原料加工業として創業、平成11年に破砕工場、平成13年に農業用使用済みプラスチック再生原料化工場、また平成13年には大崎市田尻にフィルム製造工場を、それぞれ開設しました。『プラスチックの生命は永遠である』を合言葉に、熱可塑性樹脂のほとんどを取り扱っています。各種プラスチック製品の製造工場で発生する不良品や端材、様々な業種で用途を終えた廃プラ類に再び成形用原料としての生命を吹き込むことを主業としています。従来は付着する土砂のために再生利用されなかった農業用プラスチック資材も再生原料化され、再生農ポリとして世に送り出すことができました。資源に乏しい日本において、有限の地下資源に由来するプラスチック素材を確かな技術で永久資源として利活用し続けられるようにする、このことで、プラスチック分野における資源循環型社会形成に寄与できるものと確信しています。

日の丸合成樹脂工業株式会社
〒981-3522 黒川郡大郷町東成田字浦木戸2-1
代表者 代表取締役 朝倉 力
電話 022-359-2271 FAX 022-359-3220
URL http://www.hinomarugosei.co.jp

前のページへ戻る>>


ページの先頭にもどる

Copyright (C) 2006 Miyagi Green Purchasing Network. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
リンクについて