メルマガ 2005.11.11

みやぎグリーン購入ネットワーク メルマガ 2005.11.11
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆◆◆◆◆ グリーン購入シンポジウム
◆◆          開   催

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2005.11.09 (水)

宮城県・みやぎグリーン購入ネットワーク主催の
「グリーン購入シンポジウム
   〜持続可能な社会構築に向けて〜」
がJR東北本線 国府多賀城に隣接する東北歴史博物館
で行われました。
シンポジウム当日はお天気にも恵まれ、100名を超える来場者
が「グリーン購入」についての知識にさらに磨きをかけていました。

基調講演にお招きした武蔵工業大学大学院環境情報学
研究科教授・GPN代表の中原 秀樹 氏は
「地球温暖化防止とグリーン購入」と題して日本の環境対策に
おける技術先行の現実を指摘しました。
 今、私たちにできることは至ってシンプルでアナログな4Rを基本としたグリーン購入の推進ではないでしょうか。

▼演台に立つ中原 秀樹 教授

PPBd7Nz.jpg

続いてのパネルディスカッションでは
みやぎGPN代表幹事の三浦隆利をコーディネーターに県内で
環境活動に力を入れている?ユーメディア・イオン?・ACT53仙台と主催者の宮城県環境政策課・みやぎグリーン
購入ネットワークの5者がそれぞれの取り組み事例を交えて
パネルディスカッションをいたしました。
「グリーン購入促進には何らかのインセンティブが必要か」
「グリーン製品の価格の低下や選択肢の拡大は必要か」など
内容盛りだくさんのディスカッションでした。
ディスカッションのテーマの一つに「持続可能な社会を構築する
ために、消費者の望ましいライフスタイルは?」という問いかけに対して、「金、モノ、成長という呪縛から解放され、幸福度が尺度となるべき。」というご意見がありました。
凛とした姿勢で発せられる「幸福」という言葉はとても力強く、
それでいてあたたかく心に残りました。
皆様も是非、物を購入する際は「価格」や「見た目」にとらわれず生産者の笑顔や家族の笑顔、地球への優しさを想って
手に取られてみてはいかがでしょうか。

▼パネラーに質問を浴びせるコーディネータの三浦隆利教授

Pdm0knM.jpg

▼写真左より:(株)ユーメディア今野取締役 イオン(株)和久井
マネージャー ACT53仙台佐藤事務局長 宮城県 渡部
技術補佐 みやぎGPN山岡事務局長

PxIZCO4.jpg

▼会場となった東北歴史博物館

PPhCLyp.jpg

次回展示会のお知らせ(予定)

                         
11月12日(土)
登米市は様体育館  「登米市産業フェスティバル」


12月1日(木)
ソニー仙台 展示会

12月5日(月)
多賀城市地域環境推進委員会 講師




************************
************************



お詫び

10月28日(金)
古川市主催 環境フェア


は主催者都合により出展いたしませんでした。
この場にてお詫び申し上げます。


**********************
**********************

お近くの会員様は是非お立ち寄りくださいませ。

     ひろげよう、グリーン購入。


グリーン購入を普及・促進するため,展示会のパネル・商品出展依頼講師派遣依頼をお待ちしております。
  
         ・ 展示会
         ・ 企業内研修会
         ・ 講演会      etc

ございましたらお気軽に下記事務局までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

前のページへ戻る

前のページへ戻る>>


ページの先頭にもどる

Copyright (C) 2006 Miyagi Green Purchasing Network. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
リンクについて